TEL 022-355-8888

有限会社羅漢

葬儀について

知識マナー

御香典の表書き

御香典の表書きとは
昔は各自がお香を持参して仏さまに手向けていました。
今はお香を持参する代わりに、 お香料を御香典という形で包む事になったのです。
神式の場合には、お香ではなく玉串を霊前に供えるので「御玉串料」というわけです。 キリスト教の場合は花を供えるので「御花料」となります。

仏式(葬儀の時)

黒白の水引を使います。表書きには上段中央に「御霊前」と書くことが最も多いようですが、 浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。
他に「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

仏式(四十九日後の法要)

黒白の水引を使います。表書きには上段中央に「御霊前」と書くことが最も多いようですが、 浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。
他に「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

神式の場合

銀の水引を使って、「御玉串料」と書きます。
「御神前」「御榊料」と書く場合もあります。

キリスト教の場合

「献花料」や「御花料」と書きます。
水引はなくても構いません。

二人で一緒に包む場合

横に並べてそれぞれの名前を書きます。             

グループで包む場合

半紙などにメンバー全員の名前を書き中袋に入れます。
表書きには「○○会有志」とか「○○会社営業部一同」のようにグループを表す名称だけを書きます。

戒名・法名

戒名・法名とは
仏式では、亡くなられると仏弟子となります。
そしてその証として故人に与えられる名前を「戒名」「法名」などと呼びます。

各部の説明(院号 道号 戒名 位号)
  • 院号・院殿号(○○)
    本来院号とは、生前に寺院をへ多大なる貢献をされた方につけられます。
  • 道号(□□)
    戒名の上につけられるものです。号とか字(あざな)にあたるものです。
  • 戒名(△△)
    基本的には二文字で表されます。この部分が本来「戒名」とされる部分であり、 この部分が身分によって字数が多い・少ないとされることはありません。
  • 位号
    位号とは戒名の下につけられる「居士」「大姉」という文字部のことです。 性別・年齢によっても違います。

宗派による特徴 「真言宗」

真言宗では、位牌の最上部に大日如来を表す阿(ア)字を書くのが主な特徴です。 これは、死後大日如来の世界へ還って行くことを表します。

  • 男性の場合 
    ○○院□□△△居士(信士)
  • 女性の場合 
    ○○院□□△△大姉(信女)

宗派による特徴 「浄土宗」

浄土宗では、戒名の上に誉号(よごう)をつけることがあります。
これは、本来は、教義を五重に分けて信者に授ける五重相伝会というものを受けられた方に おくられるものでしたが、現在では、五重相伝を受けていない方にも与えられてあるそうです。

  • 男性の場合:○○院□誉△△居士(信士)
  • 女性の場合:○○院□誉△△大姉(信女)

宗派による特徴 「浄土真宗」

浄土真宗では、戒名の事を「法名」とよび、法名の上にお釈迦様の弟子であることを表す「釈号」がつくのが主な特徴です。

  • 男性の場合:○○院釈△△信士(居士)
  • 女性の場合:○○院釈尼△△信女(大姉)

年忌法要

年忌法要を行う年
亡くなられた方の命日に行う法要のことを「年忌法要」と言います。

年忌法要はいつ行うの?

  • 一周忌  : 亡くなられてから1年目
  • 三回忌  : 亡くなられてから2年目
  • 七回忌  : 亡くなられてから6年目
  • 十三回忌 : 亡くなられてから12年目
  • 十七回忌 : 亡くなられてから16年目
  • 二十三回忌: 亡くなられてから22年目
  • 三十三回忌: 亡くなられてから32年目
  • 五十回忌 : 亡くなられてから49年目

平成26年 年忌法要

  • 一周忌  : 平成25年没
  • 三回忌  : 平成24年没
  • 七回忌  : 平成20年没
  • 十三回忌 : 平成14年没
  • 十七回忌 : 平成10年没
  • 二十三回忌: 平成4年没
  • 二十七回忌: 昭和63年没
  • 三十三回忌: 昭和57年没
  • 五十回忌 : 昭和40年没

お盆法要

初盆(新盆)法要について

年忌法要・お彼岸などについで大事な法要ののひとつである 「初盆(新盆)法要」・「お盆法要」。
ここでは、それらの法要についてご案内をさせていただきます。

お盆とは?

お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。
これはインドのサンスクリット語の「ウラバンナ」を 漢字でよんだものです。

お盆法要の由来は、「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」に説かれているお釈迦様の高弟の一人・目連(もくれん)尊者の話でございます。
目連尊者は、地獄で飢えに苦しんでいる母を供養するために大勢の僧を招いて布施・おもてなしを されたのが始まりで先祖の霊に安らかに成仏してほしいという祈りと生前のご恩に対する感謝の気持ちをこめた先祖供養のあらわし方とされています。

お盆法要の期間

明治以前は、日本のどの地方でも旧暦の7月15日を中心に、13日に「迎え盆(先祖様のお迎え)」、16日に「送り盆(ご先祖様のお見送り)」を行っておりました。

しかし現在では、ひと月遅れの8月13日~16日にされる地域が多いようです。
地域によって異なります。
特に故人の四十九日(三十五日)の忌明けの後、初めて迎えるお盆のことを「初盆(新盆)」と言います。地域によって異なりますが、初盆の時にはお供養のため の祭壇を飾り、お供え物などを用意いたします。

そして先祖の霊が迷わず 帰ってこれるように、玄関に「迎え提灯」を、室内にさまざまな形の「提灯」を飾り付 けます。

初盆(新盆)法要について

お盆スケジュール

一日

お浄土よりこの世へ向かって精霊が旅立たれます。
盆祭壇・提灯などを飾り始めます。

七日

仏具の掃除やお供えの食器(佛飯器)を洗ってから、お墓の掃除にでかけ、お迎えの準備をいたします。

十二日

お盆花を準備します。
住職様へのお布施なども用意しておくとよいでしょう。

十三日

お盆の入り 
祭壇・仏壇の飾り付けをして提灯に明かりをともします。
精霊を乗せるための、なすやきゅうりで作った牛や馬も供えます。
迎え火をたき、お墓へと向かいます。
なお、迎え火とは線香や迎え提灯などのことです。

十五日

お盆のあけ: 
精霊がお帰りになる日。
送り火をたき、精霊を送ります。

注意:
地域の習慣や、宗旨によって異なります。
特に浄土真宗では霊魂が帰ってくるとは考えません。

初盆(新盆)以降のお盆法要については、お仏壇または精霊棚を中心に同様に行います。