TEL 022-355-8888

有限会社羅漢

葬儀について

知識マナーについてはこちら。

葬儀の流れ

一、ご逝去・ご臨終の時

医師からご臨終を告げられたら近親者へすぐに連絡をします。
お揃いになられたら「末期の水」をとります。

「末期の水」とは・・・
故人が死後の世界でのどが渇かないようにという願いを込めて筆の穂先や割り箸の先に白糸で巻き付けた脱脂綿をガーゼに含ませて故人の唇を湿らせてあげます。 病院や急なご逝去の場合には自宅にお連れしてからすぐでもよろしいかと思います。

二、ご遺体の移送

まずは、当社へご連絡ください。

TEL 092-331-6666(24時間承ります)

お知らせを受けましたらすぐに病院へと向かいます。
社員到着までの間に病院からのお別れ、焼香を致します。
(お別れの焼香は病院によっては行わない所もございます。)
当社社員が到着しましたらご遺体を専用霊柩車へとお乗せ致します。
医師の方より死亡診断書を受取ります。
荷物などの積み込みが済みましたらご自宅へと向かいます。

注意すべき点
病院によっては、タイアップしている葬儀社を紹介するところもございますので、ご連絡の際にはお気をつけて。

三、自宅へ到着

ご自宅へ到着いたしましたら、まず、故人様を広い間取りのある部屋にご安置いたします。(「北枕」または「西枕」にして顔には白い布を覆います。)

四、湯灌(お清め)

故人のお体をお湯やアルコールにて拭き清め、耳、鼻、肛門などに綿を詰めます。(病院でお亡くなりになられた場合は不要)もちろん当社の方でもお手伝いさせて頂きます。

五、枕飾りと打ち合わせ

仏式でしたら・・・
すぐにお参りが出来ますように小机を置き、線香、ローソクなどをお供えします。「枕飾り」を致しましたらお寺様にお願いし、故人の枕元で読経して頂く「枕経」を行います。終りましたら当社との葬儀のお打合せを致します。

※諸条件により順序が多少前後する事がございます。

お打ち合わせをします。

打ち合わせにて決めるべきこと
  • 宗教宗派の確認・連絡(枕経のお願い)
  • 葬儀・通夜場所
  • 葬儀・通夜日時
  • 喪主・遺族の役割分担
  • 葬儀の規模・ご予算
  • 葬祭場(火葬場)の決定

注意すべき点
親族や近所の方への連絡は、日時や場所などのことが決まってからのほうが二度手間でなく、よろしいかと思います。